【スポンサードリンク】
ホーム » 太る原因は千差万別 » ぽっこりお腹対策は皮下脂肪と内臓脂肪で違う|脂肪の見分け方!

ぽっこりお腹対策は皮下脂肪と内臓脂肪で違う|脂肪の見分け方!

あなたのぽっこりお腹は、内臓脂肪?それとも皮下脂肪?

見分け方を間違うとちゃんと引き締めできませんよ!



下腹のぽっこりの原因と言えば「脂肪」ですよね。だからダイ
エットや食事制限に励むわけなんですが、

内臓脂肪なのか皮下脂肪ののかしっかり見分けてダイエット
に取り組まないと、効率的に引き締めができなくなって努力も
無駄になってしまいます。


「私は女性だから、皮下脂肪に対策してれば大丈夫。」

そんなふうに決めつけないで脂肪の種類をしっかりと見極め
てからダイエットに取り組んでくださいね。

あおむけに寝ると皮下脂肪か内臓脂肪か見分けられるって言うけど?


・仰向けに寝た時に、お腹が引っ込めば皮下脂肪。
・仰向けに寝た時に、あんまり変わらなかったら内臓脂肪。

こんな見分け方聞いたことありませんか?

これでは正しい見分け方はできません。腹筋の筋肉が不足して
るからという可能性があるんです。


筋肉が足りなかったり衰えていたりすることで、内臓を正しい
位置に抑えておくことができずにおなかがポッコリしてしまう
んです。

だから、この見分け方では内臓脂肪なのか皮下脂肪なのか
は見分けることが難しいんですよ。

皮下脂肪と内臓脂肪の正しい見分け方!


それでは正しい見分け方はどんなものかご紹介しますね。

まずはまっすぐに立ってください。

その状態で、お腹にグッと力を入れてください。

力を入れたままの状態で、今度はお腹のお肉をつかんでくだ
さい。


どうです?どれくらいつかめましたか?

このお腹に力を入れた状態でつかめたお肉が「皮下脂肪」な
んです。

お肉をつかんだ状態でも、おなかがポッコリしているなら、あ
なたのお腹のぽっこりの原因は「内臓脂肪」ということになり
ます。

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方がしっかりとできたところで
、今度はそれぞれの脂肪の落とし方や効果的な栄養素につ
いてご紹介しますね。


内臓脂肪を落とすには!


内臓脂肪は付きやすく落としやすい脂肪です。食事制限で落
ちやすいのも内臓脂肪です。

だから、シェイクやダイエット食品で1食置き換えなんかをす
ると、効果的にぽっこりお腹に対策できます。


最近何かと話題になっているトクホの中性脂肪に対策するお
茶なんかも効果的ですね。

トクホ飲料やダイエット食品、DHA&EPAのサプリを上手く使
って中性脂肪に対策していくのが、内臓脂肪を減らすのに一
番効果的です。

内臓脂肪を減らすなら、食生活を改善しないと、運動してもな
かなか効果は感じないはずですよ。

皮下脂肪を落とすには!


内臓脂肪と違い落ちにくいのが皮下脂肪ですよね。皮下脂
肪を落とすには、食事制限だけしていても効果は感じないは
ずです。

やっぱり運動が必要なのが皮下脂肪です。

毎日30分のウォーキングを心がければ、次第に効果は現わ
れてくるはずです。

でも、なかなか運動の時間を取るというのは難しいものです。
そんな時は、

「日常生活の中で少しでも多く体を動かすことを心がけること」
が大切です。


通勤は1駅前で降りて歩くとか、エレベーターやエスカレータ
ーを使わずに歩くとか、たたんだ洗濯物を置く時に、体をひ
ねって置くとか、工夫すればいくらでもあります。

室内でできる有酸素運動もありますから、時間が取れる時に
は取り組んでみてもいいと思います。
⇒室内でできる有酸素運動の記事へ

皮下脂肪はどうしても運動なしで落とすことはできません。

少しでも効果を高めるためには、脂肪燃焼に効果を発揮して
くれる燃焼系のサプリメントや、アミノ酸サプリメントを使うの
がオススメですよ。



皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方を正しく行い、それぞれに
合った方法と、その効果を少しでも上げるようにサプリやダイ
エット食品を使って補助してあげれば、皮下脂肪も内臓脂肪
も綺麗に落としていくことができるはずですよ^^



【スポンサードリンク】

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。