【スポンサードリンク】
ホーム » ダイエットと食事の関係 » お肉の太らない食べ方|キノコが脂質の吸収を抑える!

お肉の太らない食べ方|キノコが脂質の吸収を抑える!

お肉を太らないように食べる食べ方は、

「キノコと一緒に食べる」ことですよ!


お肉を食べる時に気になるのは、やっぱり脂質をどうするか
がポイントになってきますよね。

食事制限の中でも糖質制限なら、お肉はタンパク質摂取の
ためにたくさん必要ですが、それでもとりすぎれば太ることに
繋がります。

そこでポイントとなるお肉の食べ方は、「脂質の吸収を抑える」
ことになるんです。


そしてその役に立ってくれる身近な食材が「キノコ」なんです。

脂質の吸収を抑えるキノコのパワー!


キノコには「キノコキトサン」という成分が含まれているんです
が、これが脂質の吸収を抑えて体の外に排出するのに役立
ってくれる成分なんです。

キノコはスーパーで簡単に、しかも安く手に入れられる食材
ですから、お肉を太らないで食べたい時には、積極的にキノ
コと一緒に食べることがいいですよね。

シイタケ、マイタケ、シメジ、エノキと言った身近なキノコにも
含まれていますから、余分な脂質の吸収を抑えて、お肉をし
っかりと食べることができます。


でも、注意が必要なのは、あくまでも余分な脂質を取らない
ようにすることが、お肉を太らないで食べる食べ方の基本だ
っていうことです。


お肉自体はタンパク質以外にもいろんな栄養がしっかり入っ
た優秀な食材なんですからね。

もう一つ大切なのは「ジュージュー焼く」こと!


お肉に含まれるタンパク質、ビタミンB群、鉄分なんかは、体
を作ってくれるだけじゃなく糖質や脂質をエネルギーとして燃
やすためには必ず必要な栄養素です。

そしてその栄養素を簡単に摂れるのもお肉のいいところです。

それでもお肉に含まれている脂質は、摂りすぎてしまうことが
多いので、「ジュージュー焼く」ことで余分な脂が落ちてくれる
ので、太らない食べ方として有効なんです。


お肉の種類や部位にもよりますが、カロリーも5〜10%も控
えることができるんですよ。

お肉の中でも鶏肉は優秀!


お肉と言えば気になるのがコレステロールですが、お肉の中
でもコレステロールがないのは「鶏肉」と言われています。

正確には皮の部分には含まれていますから、コレステロール
や余分な脂が気になる時には、皮をはいだ鶏肉を食べると
良いと思います。

カロリー重視の食事制限なら、お肉は避けられがちですが、
お肉にはダイエットに必要な栄養素もシッカリとは言っていま
す。


カロリー重視の食事制限の時には、脂質をできるだけ摂らな
いように焼き方や食べ方を工夫しながら、脂を排出してくれ
るサプリを併用するとか、

糖質制限の食事制限なら、より糖質の吸収を抑えることが
効果的になりますから、糖質の吸収を抑えるサプリなんかと
併用すると言う手もあります。

いずれにしても、お肉を食べても太らない食べ方というのは
、あなたがどのような状況でダイエットしているかで変えるこ
とが大切なんですよ^^
【スポンサードリンク】

Return to page top