【スポンサードリンク】
ホーム » 太る原因は千差万別

下腹のたるみの原因は|「機能の低下」で起こるんです!

下腹のたるみの原因は、

下腹に関わる部分の機能低下が原因なんです!



下腹のたるみの原因は、生活の中にあるということを以前の
記事でご紹介しました。

その時は下腹のたるみを解消する方法を紹介しましたが、
今回は原因について少し掘り下げてご紹介したいと思います。

始めにご紹介した、下腹のたるみの原因になる「機能の低下」
というのは、いったいどんなことでしょう?

それは、下腹に関係している筋肉や内臓の機能の低下を意味し
ているんです。

下腹のたるみは、食べ過ぎやスタイル面の問題じゃなく、
「下腹と言う部位を構成しているものの機能の低下」が原因
なんです。


首や肩に力が入ると下腹はたるむ!


kubikatapokkori.jpg

あなたがどんなお仕事をされているかはわかりませんが、立っ
ている時も座っている時も、背中を丸めた前傾姿勢をとって
いることが多いんじゃないでしょうか。

このような姿勢の時は、肩や首に力が入って、下腹には力が
入っていない
はずです。


下腹の筋肉に力が入っていない状態でのたるみは、女性の痩せ
やすさに影響を与える「骨盤の歪み」につながります。

歪みのせいで内臓を正しい位置に保持することができなくなり、
それが原因で下腹のたるみになってしまいます。

座りっぱなしは脂肪が下腹に溜まりやすくなる!


私達は人間である以上、脂肪を溜めこむ機能を持っています。
使う量よろ食べる量が多ければ脂肪となってしまうのはどなた
でもご存知ですが、

座っている姿勢と言うのは、下腹の筋肉をほとんど使いません。

ダイエットでは「部分痩せはできない」といわれますが、
逆に「部分太り」は多くの方が経験されているのではない
でしょうか。

脂肪は筋肉が動かないところにつきやすい傾向にあります
から、下腹の筋肉を使わない生活習慣が多いほど、下腹に
は脂肪が付きやすくなります。

「滞り」が脂肪を付きやすくする!


kubikatapokkori2.jpg
 
私たち女性にとっての大きな悩みは、「むくみ」と「冷え」
だと思います。

むくみは座っている時間が長ければ長いほど、脚の付け根の
部分が圧迫されます。


この圧迫が血流やリンパの流れを滞らせる原因になって、
むくみにつながっていきます。

もちろん薄着で冷えてしまったり、服や下着できつく締め付
けることも血液の滞りを呼び、むくみと冷えの原因になります。

そこに重力も関係して体の下側に水分が溜まってしまうわけ
ですから、下腹もポッコリとして、たるむ原因になります。
 

便秘で腸の位置ずれが起こり下腹ポッコリに!


便秘で下腹がポッコリとたるんでしまうのは、何もウンチが
詰まっているからだけではありません。

姿勢の悪さから体が歪み、それが原因で腸の位置が本来の位
置からズレて、それが原因で腸の機能が低下して便秘になる。

便秘になればウンチの重さでお腹はポッコリし、血流も悪く
なるので脂肪も付きやすくなるという、まさにダブルパンチ
になってしまいます。

ストレスで呼吸が浅くなると下腹がたるむ!


kubikatapokkori3.jpg

座り仕事と立ち仕事、どちらがストレスが多いとかは一概に
言えませんが、同じ姿勢を続けるようだと、体へのストレス
は思った以上に大きいものです。

あなたがデスクワーク中心なら、いちど呼吸の深さを意識し
てみてください。


自分が凄く浅く呼吸していることに驚くのではないでしょうか。
 
呼吸の浅さは血流や代謝に大きく関係してきますし、自律神経
の働きを狂わせる原因にもなってしまいます。
 

いったい何から取り組めばいいの!


生活の中で下腹のたるみにつながる原因は、チョット紹介した
だけでもこんなにたくさんあります。

これだといったいどう対処すれば、下腹のたるみを解消できる
かわからなくなりますよね。

結論は「全てに対処する必要はない」ということです。

取り組むべきことは、姿勢の悪さや体を動かさない今までと同
じ生活を続けないことです。

だからと言っていきなり運動をしてくださいと言うのではあり
ません。

kubikatapokkori4.jpg

仕事中に背中が丸くなっている事に気づいたら、しばらく背筋
を伸ばす。

呼吸が浅くなっている事に気づいたら深呼吸をする。

こんなちょっとした気づきを繰り返していくことで、下腹のたる
みの原因に少しづつ対処していくことができます。


そのうえでダイエット食品や運動などを取りいれることで、
あなたの下腹はスッキリと引き締められてくるはずですよ^^


【スポンサードリンク】

Return to page top