【スポンサードリンク】
ホーム » 内臓脂肪

「お腹だけぽっこり」は危険|即ダイエットが必要かも!

お腹だけぽっこりなら要注意。

本気でダイエットした方がいいですよ!



手足は細いのにお腹だけぽっこりとしている「ビール腹」の体
型だと、ただ体型がちょっとという状態じゃなく、糖尿病や心臓
病のリスクも高くなってしまいます。

これは一般的な話じゃなく、内科医の学会誌で発表されたもの
です。

お腹だけぽっこりでたビール腹の体型というと、男性特有のよ
うに思いがちですが、女性だからって油断するのは危険です。


お腹だけぽっこりは、なぜ危険なの?


お腹だけぽっこりと言う体型が、どうして健康的に危険かと言
うと、脂肪が胃の周りに溜まり、皮下脂肪が体内に浸透してい
きます。

そして浸透した脂肪がいろいろな臓器を包み込んでしまい、肝
臓でコレステロールに変わって血液の中に染み出してきます。

そしてそのコレステロールが動脈に溜まってしまうと、動脈硬
化の原因になって心臓や脳の病気の原因になります。

もちろん病気への危険は、糖尿病になる危険もはらんでいま
す。

お腹だけぽっこりの解消には!


お腹だけぽっこりの解消には、運動よりも食事制限が有効で
す。


健康のために運動を始めるのは、食事制限で
余分な脂肪が落ちてからで十分です。


カロリー制限が大変な時には、糖質制限に取り組んでみても
いいと思います。

糖質制限ならカロリー制限のように食事の量を大幅に減らす
ことがありませんから、食べるのが好きな私のようなタイプに
はイチバンです。

運動で消費できるカロリーは思ったより多くありません。

運動と食事制限の両方に取り組むのが一番いいですが、一緒
に始めてしまうと続けることができず結果も大きく出せないこと
が多くなります。

まずは食事制限で内臓脂肪をしっかりと落として、その後で運
動を始めて皮下脂肪を落とす。コレがいちばん早くお腹だけぽ
っこりの状況から抜け出す方法だと思います。


脂肪減に必要なもの!


体脂肪率が測れる体重計は、とても必要だと思います。でき
れば筋肉量も測れるタイプのものがお勧めです。

筋肉量を落とさないで脂肪だけを落としていくとなると、食事制
限していてもたんぱく質は減らすことができません。


そうなると制限が多いのは糖質制限よりもカロリー制限の方
が大きいと思います。

どちらの食事制限をするにしても、筋肉量を落とさないように
する必要がありますから、

毎日の測定で体重と体脂肪率、そして筋肉量を測定していけば
健康にも注意しながらダイエットが薦められるはずです^^

【スポンサードリンク】

Return to page top