腸内細菌を整える秘訣|ダイエットに上手くつなげるには?

腸内細菌を整えるには

ヨーグルトを食べてるだけじゃダメですよ!



腸内細菌を整えて、ダイエットや便秘解消につなげようと思った時っ
て、やっぱり乳酸菌が入った食品を食べて善玉菌を増やそうと考え
るのが普通ですよね。

お腹の中には400種類を超える菌がなんと100兆個!も住んで
いるそうです。

ヨーグルトや飲料での乳酸菌の数としては100億個程度で、ヤク
ルトさんからしか買うことができないヤクルト400でも400億
個しか入っていないんです。

「400億とかすごく入ってるじゃん!」

そう私なんかは思っちゃうんですが、

100兆個もあるお腹の中の乳酸菌に対して、「400億個なんて微
々たるもの」
と言ったほうがいいんだそうです。


ちなみにヤクルト400がヤクルトさんからしか買えないのは、購
入後常温で持ち運ぶ時間が長くなると、せっかく生きている菌が死
んでしまうので、ギリギリまで冷蔵しておくためにそうなっている
んだそうです。

これ、家に来ているヤクルトさんから聞きました(#^.^#)

そして乳酸菌と言えば「生きている」とか「生きたまま届く」とか気に
なる話がたくさんありますよね。

そこで腸内細菌を上手く整えて、ダイエットや便秘解消につなげてい
くための秘訣をご紹介していきたいと思います。


腸内細菌を整える秘訣は「一緒に摂る」こと!


乳酸菌の話になると、「プロバイオテクス」と「プレバイオテクス」とい
う2つの言葉が出てくることがよくあります。

聞いただけで「化学!」な感じがして馴染めないんですが、そんなに
難しくありませんから聞いてくださいね。

「プロバイオテクス」は乳酸菌などのお腹の環境を整えてくれるものを
摂ることで、「プレバイオテクス」は、「プレバイオテクス」の働きを
助けてくれる物のことなんだそうです。


お腹の中には”善玉菌”と”悪玉菌”がいて、”善玉菌”を優位にすれ
ばするほどお腹の環境は良くなると言われているので、わたし達は
せっせと乳酸菌飲料を摂るわけですが、

実はここに

「乳酸菌を摂る時の秘訣のキモ!」

があるんです。

外から摂る乳酸菌はなかなか”定着”してくれない!


わたし達の体には「免疫力」が備わっていますよね。これは外から
入ってきたものを”敵”とみなして体を守るためのものですよね。

同じようなことが、摂った乳酸菌でも起こっているという話を聞いた
ことがあります。


だから腸内環境を整えるために、乳酸菌をたくさん摂っても、お腹
の中に定着してくれるのはほんのわずか。

だから「生きたまま届く」と言うことにはそれほど神経を使わなくても
いいそうなんです。

じゃ、生きた乳酸菌を摂ることは「ムダ」になってしまうのかと言うと
そうじゃありません。

ここで出てくるのが「日和見菌」という第三番目の腸内細菌なんです。

味方を増やせば腸内環境は良くなる!


腸内環境の良し悪しは、善玉菌優位か悪玉菌優位かで決まってくる
わけですが、そもそも善玉菌と悪玉菌の勢力はそれほど多くないん
だそうです。

イチバン数が多いのは「日和見菌」という悪玉菌でも善玉菌でもな
い腸内細菌なんだそうです。


日和見菌は優勢な方の味方をするという「長いものには巻かれろ」
的な優柔不断な私のような(^_^;)性格の菌ですから、

この数が多い日和見菌を味方につけたほうが腸の中で”優位な菌”
と言うことになるそうです。

ただ、生きたままとっても定着しない乳酸菌、それはたとえ死んで腸
の中に届いたとしても、あなたのお腹の中にいる腸内細菌のエサに
なって善玉菌を元気にしてくれるそうです。


これが簡単に説明する「プロバイオテクス」と「プレバイオテクス」の
考え方なんだと私は理解しています(#^.^#)

つまり、腸内環境を整えるには

「腸の働きにいい物を摂ると同時に、ちゃんとん乳酸菌を補充し、そ
の働きをサポートしてくれるものも一緒に摂る」


ようにしないと、腸内環境の改善にはつながっていかないということ
だと思います。

乳酸菌を「摂る」時に注意したいこと!


プロバイオテクスとプレバイオテクスを同時進行させることが、腸内
環境を整えるためには必要な訳ですが、

乳酸菌ならすべてプロバイオテクスとして働いてくれるわけじゃない
んだそうです。

☆プロバイオティクスの条件
@安全性なこと
Aお腹の中にすでにいる腸内細菌と一緒なこと
B生きたまま腸内に届くこと
C小腸や大腸で増えてくれること
Dあなたにとってちゃんと効果を発揮してくれること
E摂ることで菌の数を維持できること
F簡単で安く摂れること


この条件をすべて満たしてくれるものだけを「プロバイオテクス」と呼
んでいい物なんだそうです。


ヨーグルトなんかだと、自分に合うものを見つける必要がありますよ
ね。これがAやDに関係してくることだと思います。

Eの腸内細菌の数を維持できることと言うのは、含まれている菌の
数に関係してくると思います。

お腹の中に生きたまま届くというヨーグルトなんかだと、「トクホ」のも
のを摂る必要がありますが、ぬか漬けや納豆、味噌なんかも酸に
強いお腹まで届くプロバイオティクスの食品なんだそうです。

ヨーグルトなんかで摂る時には、毎日300g程摂ってくださいなんて
ネットで紹介されていますが、腸内環境が悪い時には多めに摂るよ
うにしたほうがいい
そうです。

だから、最近はサプリで摂れる乳酸菌で、もの凄く数が多いのに腸
まで届くというものもありますから、そんなものを利用するほうが手
軽でいいかもしれませんね。

菌は人それぞれに「腸内に滞在できる菌」と「出来ない菌」があり、

一般的なヨーグルトなどに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸まで
届いても定着するほどではないそうです。


だから一度にたくさん食べるんじゃなく、一定の量を毎日摂り続ける
ことが必要になるんです。

そういった意味でも胃酸の薄まる食後に、乳酸菌サプリを摂るのが
いいのかもしれませんね。


☆プレバイオティクスの条件
プレバイオテクスはプロバイオテクスの働きを助けるものだとご紹介
しましたが、コチラにもしっかりとした条件があります。

@胃で分解・吸収されない
Aプロバイオティクスのエサになること
B善玉菌”だけ”を増やすこと
C腸内環境を整えること


こんな条件があるそうです。そしてそれを満たすのは「オリゴ糖類」
や「食物繊維」になります。

ただ食物繊維も「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります
から、バランスを悪く摂ると逆に腸内環境を悪くすることにつながっ
てしまうので注意が必要です。


食物繊維のバランスの話は、「こちらのページ」の便秘解消関係の
記事でもご紹介していますので、よかったら見てくださいね。

腸内細菌を整えるためには、いくらお腹の中に届くと言われる乳酸
菌を摂っても、その働きを助けてくれる物を摂らないと効果は発揮
できないことが多いようです。

「腸内環境を整える」と簡単に言っても、正直思ったよりメンドクサイ
ですよね(^_^;)

だから自分でヨーグルトを試したりするよりも、お腹まで届くという乳
酸菌サプリを摂りつつ、オリゴ糖や食物繊維サプリを一緒に使って
いくことが、手間も少なく続けるための第一歩かもしれませんね^^

Return to page top